軽井沢に子育て移住しました

軽井沢⇔東京での二拠点居住にチャレンジする新米パパのブログ

軽井沢の園舎のない幼稚園「森のようちえん ぴっぴ」に行って来た!

今日は前々から気になっていた軽井沢の「森のようちえん  ぴっぴ」の体験会、「くるみの日」があったので親子で参加して来ました!「森のようちえん ぴっぴ」はなんと園舎の建物がなく、森自体が幼稚園というまさに自然保育、軽井沢ならではの環境で、こんなところに子どもが通えたらめっちゃ逞しく育つだろうなという素晴らしい場所でした!一方で親に求められるコミットも結構あるので、共働きという方はおらず、我々がほんとに通わせるかはなかなか悩ましいところでした。

f:id:umatatu:20180904222609j:plain

  • 2,000坪の森自体がようちえん!?

森のようちえんぴっぴは中軽井沢の南の方、住所的には発地エリアにあって、観光ではなかなか行かないような場所のほんとに森の中にありましたw
ほんとにちゃんとした園舎の建物はなく、荷物置き場とトイレと雨除けテントがいくつかあるくらいでした。

森の中にはところどころ遊具らしきものはありましたが、その日の遊びややることは子ども達が自分達で考えて、森の中を自由自在に遊ぶことが多いとのこと。なんと敷地は2,000坪あるとか。子どもはこんなところで毎日遊べたら楽しいだろうなぁ。

f:id:umatatu:20180904221949j:plain
f:id:umatatu:20180904221958j:plain
f:id:umatatu:20180904222006j:plain
f:id:umatatu:20180904222013j:plain
森全体がようちえん!

ただし、森で遊んでいるだけではなく、車座になって絵本を読んだり、歌を歌ったりという普通の幼稚園でやられるているようなことも行われていて、この日も誕生日会が開かれていました。お花のケーキと焚き火?でお祝いされているようでしたがw

また、ぴっぴでは森以外にも田んぼと畑を所有してそこでの保育も行われるとのこと。明日は来週の収穫にむけて稲穂の成長具合のチェックと飼育している羊を小学校に引き渡し?に行くとか。なかなか東京基準では考えられない行事内容ですね。

この幼稚園は園長先生が12年前に東京の幼稚園で保育士をやられていた経験と自身の子育てを通じて、なんとなく感じていた息苦しさ、もどかしさみたいなものから開放されて、自身のやりたい保育をやるためにこの森にたどり着き、開かれた幼稚園とのこと。最近では東京や千葉、埼玉の親御さんから感心を持たれて見学やそのまま移住されてしまうケースもあるとか。

軽井沢風越学園の発起人の本城さんも学校作りを考える中でこの幼稚園に出会われて、あまりに衝撃を受けて、そのままスタッフとして働られていて、その経験が今の学校設立につながっているそうです。

本城さんとぴっぴの出会いはこちの記事がおもしろいです。

umatatsu.hatenablog.com

 

  • 森遊びを体験できる「くるみの日」

参加したぴっぴの体験ができる「くるみの日」は単なる説明会ではなく、実際にスタッフの方と親子で森に入って、うろうろしながら、森を体験しできます。この日は森の中で親子で集めた枝や、木の実などを集めてモニュメント?的なものを作るというものでした。

もう歩けるこどもは楽しそうに枝や実、きのこ?を拾って親に渡したりしていました。なので、歩けるくらいの月齢で参加した方がより楽しめると思いました。

ちなみにうちの子は昨日、やっと10〜20歩けるようになったので、初めて外で靴を履かせて、手を引きながらですが、歩かせてみました。ほーほー言いながら歩いてたり、どこからともなくミズキ?の実を自慢げに持って来ったり、葉っぱをひっぱりとそれなりに楽しんでいたようです。

残念ながら途中で台風による警報が出てしまったので最後は打ち切りになってしまいましたが、森散歩の後に紐やハサミの道具を貸してもらえるので、拾った森のグッズ達はモニュメントしてお持ち帰りすることができます。少しだけですが、なんか童心に帰った感じで楽しかったです。

f:id:umatatu:20180904225253j:plain

こんな感じで親子で協力して飾りつけします

f:id:umatatu:20180904225411j:plain

趣旨を無視して私が作ろうした木のブランコですw
  • 通わせてあげたいけど、共働きには中々のハードルあり

というこで、率直に子どもを通わせたい!となったわけですが、ぴっぴは保育園と違って当然ながら幼稚園なので共働きの親が通わせるのは中々大変そうです。保育時間は基本的には9時から14時ですし、田植えや稲刈り、遠足など大人参加の行事も多く、積極的に親も園への参加をお願いしたいということでした。そして森で毎日遊び倒すので、洗濯がとにかく大変らしいです。ちなみに共働きで通っているのは1人だけとのことでした。ただ、お昼ご飯は毎日かはわかりませんが、給食が出るようでした。かなり美味しく評判とのこと!

f:id:umatatu:20180904230223j:plain

今日の献立。おいしいと評判らしい。

ということで、残念ながら共働きしかも二拠点居住者の親が通わせるのはちょっと現実的ではなさそうでした。ただ、通わせている親御さんのお話によると本当に子ども達は楽しそうで、確かな成長実感もあり、本当におすすめ!ということなので、どちらかが仕事をセーブしたり調整したりしても、通わせる価値はあるのだと思います。
また、「くるみの日」以外にも一般園児もぴっぴに参加できる「ぴっぴの森開放日」というのが毎月あるそうで、他の保育園に通いながらその日だけ休んで参加する子も多いとか。とにかく興味深い幼稚園なのは間違いありません!また、追加情報などあれば書きたいと思います。

それでは、また!