軽井沢に子育て移住しました

軽井沢⇔東京での二拠点居住にチャレンジする新米パパのブログ

ル・ボン・ヴィボン (Le Bon Vivant)軽井沢で大人ディナータイムを過ごす

先週は奥さんの誕生日ということで娘をばあばに預けて久しぶりに大人2人でディナーを楽しんできました。ちなみに最近は義母と妻の不況和音は落ち着いていますw

グルメタウン軽井沢は子連れよりもこういうの大人向けなお店はたくさんあります。というか多すぎて選べない。。。ということで今や軽井沢きってのグルメ通として「軽井沢移住者グルメ100選ブログ」にチャレンジ中!?の@HelloKaruizawaさんに教えていただいた「ル・ボン・ヴィボン軽井沢 (Le Bon Vivant)」さんに行ってきました!

とっても落ち着いた軽井沢らしい雰囲気でゆっくりとした時間を過ごすことができました。

ちなみに@HelloKaruizawaさんのグルメブログ情報はかなり充実していますので移住者の方も旅行者の方も要チェックです!

www.sakuraitaito.com

 

  • 軽井沢のグルメ通りに佇む人気のお店

お店は中軽井沢エリアで、国道18号から中学校前の信号のところを曲がっていわいるグルメ通りの新幹線高架をくぐってちょっと行ったところになりあります。真っ暗で雨だったのでちょっと通り過ぎましたが普通ならすぐにわかるかとw

建物自体はそれほど大きくないのですが、4~5テーブル+カウンターという感じでテーブル間にも余裕があり、ゆったりと座れる店内でした。

一番奥のテーブルは別荘族と思われるシニアグループで、ワインを飲みながらずっとテンション高めで話がもりあがっていましたw軽井沢っぽい。

f:id:umatatu:20180926214952j:plain

なかなかかっこいい建物
  • お任せディナーコースは気取りすぎず気軽に楽しめる

 料理は基本的にはシェフのお任せコースでメインや前菜の数で料金が変わります。アラカルトも注文できるようです。ランチもやっていたようですが、最近は予約を制限されているとのこと。夜も8月は全日予約でいっぱいだったとか。予約はお早目に!

料理は南仏料理とのことでしたが、味付けや見た目が懲りすぎているわけではなく、どの料理も食べやすく、なるべく味わっているつもりでしたが、あっという間に食べれてしまいました。多分、子どもができてから早食いが習慣化してしまったからかもしれません。。。

ただ、本当に久しぶりに奥さんと優雅な時間を過ごすことができました。この時間の使い方が軽井沢っぽい。

 

f:id:umatatu:20180926221253j:plain

この日のコースメニュー

f:id:umatatu:20180926221258j:plain

とうもろこしのムース!上品な味わい。

f:id:umatatu:20180926221302j:plain

焼き立てパン。食べ過ぎ注意です!

f:id:umatatu:20180926221311j:plain

アルプスサーモンの前菜。アルプスサーモンと信州サーモンの違いで妻と議論

f:id:umatatu:20180926221318j:plain

この日の一押し!エビとカダイフの食感が忘れられません!

f:id:umatatu:20180926221321j:plain

三元豚のフィレ肉!しっかりお肉を感じさせていただきました!

f:id:umatatu:20180926221325j:plain

イチジクのデザートでフィニッシュ
  • 気さくなシェフは移住大先輩

 最後にシェフの方に実はTwitterでつながっていたのでお声掛けさせていただいたところ認識はしてくれており、しかも小さい子どもがいることを覚えていてくれて、事前に言っていただければ連れてきていただいて構いませんよという神のようなお言葉!こんな高級フレンチなのに子連れOKとは!

シェフももともとは東京のお店(ル・ボン・ヴィボン吉祥寺)で働かれていて独立する時にのれん分けのような形で軽井沢に移住されて来た、移住大先輩でした。

お話によると軽井沢は不思議なところで長野にありながら東京とのつながりが深く、頻繁に東京から来てくれる人も多く、逆に吉祥寺のお店を紹介して送客したりと東京と軽井沢でいい関係を築けているので全然さみしくないそうです。

こうやって単なるお店と客の関係でなく、人を介してつながることができるこれもまた軽井沢っぽいところです。

ということでホントにいいお店を紹介いただきました。なかなか普段使いするわけにはいかないかと思いますが、何かのお祝い事などでまた利用させていただきたいなと思います。

それでは、また!