軽井沢に子育て移住しました

軽井沢⇔東京での二拠点居住にチャレンジする新米パパのブログ

軽井沢移住きっかけでできる「つながり」が面白い!

昨日は移住をきっかけに繋がったTwitter友達の方々とランチをして、家作り、働き方の多様化、信州のITリテラシー事情?など男4人で昼間から真面目に盛り上がりましたw

そして午後は奥さんの職場つながりでまた別の移住つながりの集まりに混ぜていただき、教育関係の方々、よなよなエールの方、建築家・家具デザイナー・グラフィックデザイナー・美術展のキュレーターなどクリエイティブな仕事をされている方達など普段の仕事では絶対に会わないような人達に会いました。特に5世帯で1つの土地を購入してコーポラティブハウスのような形で共同家づくりをしているというめっちゃ面白い人達が実はめっちゃ近所ということがわかり大興奮しました。

最近こういう移住によってできたつながりが本当に面白いので、今日は移住つながりコミニティについて書きます!

  • 夫、妻、義母それぞれのつながりが面白い

うちは3人ともフルタイムで働いており、僕は東京に通勤&リモートワーク、妻は軽井沢に通勤、義母は佐久まで通勤して、全く毛色の違う仕事、性格、生活スタイルをしています。なので三人が三者三様のつながりのコミニュティができていて、さらにそれが重なったり繋がったりするので、とても面白いです。

僕は主にTwitterやブログをきっかけに移住、特に新幹線通勤つながりの人と多く繋がっていてネット上のやり取りから直接、軽井沢でお会いしたり、東京でランチしたりしています。

こないだは同じ新幹線(はくたか号5号車オフィスと命名)にして隣の席で散々、土地探し、家の話で盛り上がった結果、軽井沢駅から車で御代田の家まで送ってもらいました(笑)

僕のつながりはオンラインきっかけが多いので、O2Oつながり型」とでも呼んでおきましょう。

 

妻は職場の同僚がほとんど軽井沢住人で、小さな組織で人の距離感が近いので、仕事だけでなくプライベートなつながりになるケースが多いです。あとは同じ保育園のママさんも仲良くなったりしている様です。特に職場の方達は毎日顔を合わせます、軽井沢在住歴が長い方が多いので、なかなか深い情報を教えてもらっているようで、土地選び、学校選びの参考にさせてもらっています。

妻は職住近接なので「地元密着型」ということにしておきましょう。

 

最後に義母ですが、義母は陶芸や弓道、書道、野菜作りなどかなり多趣味なのですが、趣味の話題をきっかけにどこからか知り合いや友人を作って色々助けてもらっています。先日も近所の家具職人の方に苗木や花をいただいたり、通りがかりの綺麗な庭の家の人に声をかけて、家に呼んで庭造りを教えてもらったり、弓道場で謎のフランス人と知り合いになったり、風越体育祭のプールでおばあさんからおいしいカレーのお店を紹介してもらったり、独自のネットワークを作り上げています。そして毎日のようにどこからともなく野菜や果物をもらってきますw

趣味をきっかけに色々お裾分けしてもらったりしているので「多趣味お裾分け型」という名付けておきましょう。

ということで3人が3人でそれぞれ独自のコミニュティを形成していますが、たまに話していると誰々さんと誰々さんは夫婦だったとか知り合いだったとか、つながることがよくあります。地域自体が狭いからということもあると思いますが。

とはいえ、この歳になって利害関係無くつながる人達、友人がができるというのは無縁社会と呼ばれる昨今の日本の世の中で本当に貴重で、すごいことですし、それこそ東京で普通に過ごしていたらつながることも無かったと思います。

  • 近すぎる距離感がダメな人はダメかも

一方でどこに行っても誰かしら知り合いにあったり、誰とかさんから聞きました!こないだ見かけたよ。などコミニティが狭すぎるという環境がプライベートが無くて気持ち悪いというか窮屈に感じてしまってダメな人はダメかもしれません。

特に奥さんは完全に軽井沢界隈の生活なので最初、結構戸惑っている感じもありました。

ただ、僕は東京と2拠点なのでうまく切り替え、棲み分けできてるのと、軽井沢は一般的な田舎に比べると格段に多様性があるのと、踏み込み過ぎず結構ドライなとこもあるように感じます。

  • 移住コミニティが起こす軽井沢&御代田変化が楽しみ

よくイノベーションを起こすのは若者、バカ者、よそ者と言いますが、これから10年くらいの軽井沢&御代田は移住者コミニティによって面白い街に変わっていくかもと最近出会う人達からすごく空気感が伝わって来ます。

ISAKや風越学園といった時代を先取りしたような新しい学校が次相次いで誕生し若い世代が集まりつつあること、リモートワーク、パラレルワークなど新しい働き方により東京の会社に縛られる必要がなくなった結果、子育て、家作り、趣味など自分たちが大切にしたいと思う生活のクオリティを大事にしたいというポジティブな人達が移住しているからだと思います。

だから出会った人の話しを聞くだけでもすごくいい刺激をもらうことが多いですし、最近の記事であった学歴や年収よりも自己決定度が高い人が幸せというのがまさにその通りで、会社や他人の決定に依存するわけでは無く、自らの人生を自らの意思で選択している人達が一見、非常識的、非合理的とも言える移住を決断しているのでポジティブオーラが強いです。こういった外から集まってきて人達が化学反応を起こしていくと昔からの高級別荘地、観光地というイメージの軽井沢がどう変わっていくのかすごく楽しみです。

軽井沢だけでなく、今住んでいる隣町の御代田も今日、最終日を迎えた浅間国際フォトフェスティバルが来年以降どうなって街全体がどうなっていくのか期待しています。自分も面白そうな人やことにはどんどん巻き込み巻き込まれながら変化を楽しまないとですね。

ということで本当にいい場所に移住してきたなと思う良い週末になりました。

それでは、また!

f:id:umatatu:20180930225612j:plain