軽井沢に子育て移住しました

軽井沢⇔東京での二拠点居住にチャレンジする新米パパのブログ

テントサウナで「サウナのある日常」が最高すぎた

もはや月1更新のサウナブログと化して来ましたが、ここ最近ずっとやりたかったサウナテントをレンタルして3日間遊び倒して来たので、記事書きました。

テントサウナ、好きな時に好きな場所でサウナできる、まさにサウナがある日常はサウナ好きにとっては最高以外の何ものでもありませんでした。残念ながらコロナ影響もあったので大々的には集まれませんでしたが、近所のサウナフレンズ達と本気で遊べたこの3日間は素晴らしい夏の思い出となりました。今回は近所の移住仲間のおうちで初日は「森林ビュー✖️サウナ」、2日目は自宅駐場でおいしいカレーを食べるための「カレー✖️サウナ」、そして最終日は近隣の清流を水風呂として楽しむ究極のアウトドアサウナ「川✖️サウナ」の3本だてで企画実施しました。どのイベントもそれぞれの違った楽しさがありサウナの奥深さを実感することとなりました。それではテントサウナのレビュー記事です。ちなみに前回のサウナ記事はこちら

umatatsu.hatenablog.com

  • テントサウナをレンタルしよう!

テントサウナは文字通りテントでサウナを楽しむものですが、テントの中で薪ストーブを入れてガンガン暖めることでサウナにしますが、水着で入るので男女問わず楽しめます。そしてその魅力は場所を選ばないモビリティにあり、特に湖畔や河原に設営することで水風呂としてそのまま湖や川に飛び込み、そのまま自然の中で外気浴を楽しむアウトドアサウナが人気で近年かなり注目度が上がって来ています。ただしテントは熱を逃さない断熱素材が必要であり、薪ストーブはそれなりの値段がするため購入しようとすると10万以上はするというモノが多く、いきなり購入するには勇気が入ります。そんな中、日頃のTwitterトロールの中でテントサウナをレンタルしているという情報をキャッチしてこれは借りるしかない!ということになり夏休みに合わせてレンタルしたのでした。

※人気のためかレンタル時より値上げされている❗️

www.yamasauna.com

今回レンタルしたのはモルジュMAXというロシア製のテントサウナでなんと最高120度、最大12名入れて、ロウリュウも楽しめるというハイスペックかつビックサイズなテントサウナ。1泊2日がベースですが、利用日の前日にサウナ、ストーブ、サウナストーン&道具の3便の宅急便で届くので実質3日間楽しめます。ちなみに帰りも同じように梱包して着払いの伝票を使って送り返します。

f:id:umatatu:20200815211821j:plain

この状態で送られてきますが総重量は50kgくらいありますw

気になる設営方法ですが、1番最初はよくわからずに1人でやろうとしたため結構、難航しましたが、2回目以降は2人で行い、やり方も習得したので30分以内で立てられるようになりました。かまぼこ型のポールをよこに4本入れて、真っ直ぐなポールを3本たてに入れるだけと言えばそれだけなのでサイズの割に簡単です。テントが立ち上がったら薪ストーブを組み立てて、煙突を連結させて穴に通せば完成です!

f:id:umatatu:20200815212450j:plain

ドーンとこんな感じの存在感

薪ストーブは火付けも簡単ですし、乾いた薪さえ準備できればすぐに温度が上がります。ただサイズがコンパクトなので薪は40cm以下でなるべく細めの方が良いかと思います。後はストーブの上にサウナストーンを並べ、ロウリュウ用の水にアロマを垂らして待つだけです。注意点としてサウナ内の椅子はついていないので熱にも湿気にも強い椅子を準備する必要があります。我々はこれまた近所の移住仲間がDIYで作ったベンチをお借りしました。ちなみに薪や焚きつけ念のための消化器は別の移住仲間からのご提供。移住仲間心強過ぎる。

f:id:umatatu:20200815213217j:plain

中はこんな感じで雰囲気あります。

初日は床が土だったためか中々温度が上がらず最高でも80度近位くらいでしたが、2日目はアスファルトだったためか一気に100度までいきました。個人的には温度はほどほどにロウリュウして湿度を上げてゆっくりじっくり汗をかくのが心地よいかと思います。

と、ざっとサウナ開始までの流れにはこんな感じですがやはり初回は手探りでなんだかんだ準備で2時間くらいはかかりました。2回目以降は相当スムーズになりましたので何ごともやってみるが重要ですね。そういう意味でまずはレンタルで試してみるは正解だと思います!サイズも購入するなら半分程度で良さそうです。

  • 家サウナでサウナのある日常を楽しむ

初日はテスト的な意味合いもあったので近所の移住仲間を数名募りつつ、ご紹介から谷を見下ろすナイスビューの御代田のお宅のお庭をお借りました。この場所が素晴らしいのは敷地の大きさはもちろん谷側が豊かな森になっていて周辺から死角になっており、周りの目を気にする必要はなく半裸のおじさんがうろうろしていてもほぼ問題がないことですw

そしてサウナ→水風呂→デッキで外気浴の理想的な導線を確保し、さらには焚火を観賞用に設置して楽しみました。参加者、満足度は相当に高かったようです。きっと誰かはテントサウナポチッていることでしょう苦笑

普段はわざわざ温浴施設などに出かけてサウナに入りにいくのですが、庭にサウナがある。これはやばい状況です。好きな時に好きなタイミングでサウナに入る。BBQのついでにサウナに入る。今日は寒いからサウナに入る。まさにサウナ天国、プライベートサウナ万歳です!軽井沢、御代田地域であれば広い土地を持つお宅はたくさんあると思うので、本来であれば気候的にも1家に1台テントサウナがあってもおかしくないはずなのです。

f:id:umatatu:20200815221214j:plain
f:id:umatatu:20200815221242j:plain
f:id:umatatu:20200815221326j:plain
庭でサウナできるってやばくないですか??

2日目はサウナビギナーであるサウナ女子向けということで自宅の駐車場でやってみました。初日に比べるとロケーションはイマイチですが敷地は広く、近隣の別荘は不在ということもあり普通に楽しむことができました。そして、自宅だと奥さん達も気軽に入ることができるのでサウナへの理解度が高まり、今後のサウナ活動にとって相当なプラス影響です。

そしてこの日はサウナ後として夏野菜カレーを1日かけて準備して振る舞いました。サウナ後の食事はサウナ飯と言われるように非常に重要要素であり、サウナの食欲増進効果は凄まじく、食べるものが数倍美味しく感じると言われています。事実、この日のカレーは自画自賛ですが、リアルガチに美味しく、評判もかなり良かったです。夏野菜をたくさん使いたかったので、挽肉と玉ねぎをじっくり炒めて、トマト缶、コンソメ、中濃ソース、カレールーを入れて煮込んで野菜は素揚げにしてトッピングしました!サウナ後に合う食べ物を考えて作るのも楽しいですね。

f:id:umatatu:20200815222155j:plain

評判のおいしさだった夏野菜カレー
  • これぞテントサウナ!川の水風呂でととのいまくり

迎えた最終日はテントサウナの真骨頂であるアウトドアサウナをやるべく川へ❗️実は川サウナをやるべく近隣エリアを探したのですが、人に迷惑をかけず、車が近くに止められて、テントが設置できる平坦なスペースがあって、危険が少なく流れが緩やかな清流という場所は中々なかったのですが、今回、たまたまご縁があり最高のロケーションが車で30分程度の場所にあったので、事前に下見もして理想的だったのでここに決めました!

f:id:umatatu:20200816054643j:plain

最高のロケーションでの川サウナ

長野の標高が高い地域といっても昼間は暑いので早朝、日が当たらないうちに出かけて設営。岩場での設営に多少苦戦しましたが、こういうのもアウトドア感があっていいです。ストーブの温度が上がったら、まずはサウナタイム。川の音を聞きながら、じっくりあったまると設営後の運動効果もあり、汗が吹き出して来ます。

f:id:umatatu:20200816055552j:plain

川サウナの中は岩風呂みたいでテンション上がります

そしていざ、川へ!入った瞬間、これはやばい!早朝のため水温も低く、蓼科山水系の軟水は肌と一体化します。そしてびっくりするくらいに水が川くささが無く、ベタつきもしないです。深さも足をすぐつけるので怖さがなく、流れに身を任せしばらく流されると冷却効果との合わせ技で文字通りの浮遊感を体験できます。まさに天然の水風呂。クールダウンしたら岩場に上がって外気浴。森の緑と真っ青の空と心地よい風、なんたる多幸感。これを繰り返し行えばすっと、ととのいます。しかも今回はmiyotalifeと2人で行ったため、サウナは1人ずつで自分のペースで入れたので本当に贅沢な時間でした。

f:id:umatatu:20200816061801j:plain

川から上がってここで外気浴してととなわないわけがない。

サウナから上がったらオロポ(オロナミンCをポカリエスエットで割ったもの)で水分補給して、コンビニで買い込んだ材料を使ってホットサンドをその場で作って朝食。ばっか美味い。十分休憩したらその後はストーブの熱が冷めるのを待ってから後片付けして、撤収。

帰り道に近くの温泉に入って、ラーメン食べて、家で昼寝。この一連の流れ、あれ?待って?ここ天国かな?という気分になりますよ!これが1時間以内の場所で完結して、レンタル料は除いて使ったお金は2,000円くらい。豊かな環境とはまさにこのことです。

f:id:umatatu:20200816062606j:plain
f:id:umatatu:20200816062622j:plain
f:id:umatatu:20200816062748j:plain
サウナ後の楽しみはたくさんある!

ということでテントサウナを3日間遊び倒させていただきました。場所提供、道具提供をしてくれる素晴らし移住仲間達の力もあり、大満足のサウナデイズでした。今回、改めてサウナの持つコンテンツとしてのポテンシャルを実感し、アウトドアと掛け合わせることでサウナがおじさん達のものからより若者や女性向けのレジャーとして開放されていくと感じました。

そしてこうなってくるとこの環境を活かすべくやはりフィンランド風のサウナ小屋を建てたくなってくるわけです。おそらく建てるだけならそこまでネックはないのですが、水が超需要ファクター。やはりThe  Saunaの様な沢の水をかけ流しての樽風呂が最高なので、水が湧く場所か井戸を掘るしかないのかな。ちょっと真面目に場所探しします。プライベートサウナ付きタイニーハウスやるしかない。

それでは、また!